スマホ・PC・タブレットで現在位置確認!

小型GPSとスマホ確認画面

【左: 最新の小型GPS  右: スマホの確認画面】

 

原一探偵の浮気調査 24時間・無料相談はコチラ

 

浮気調査の1手法として、調査対象の車にGPSを装着する方法があります。

 

車の居場所がスマホで確認でき、自力で調査できます。

 

装置は買えば高価なものですが、最近は探偵社各社がレンタルサービスに乗り出しています。

 

レンタルGPSを使って自分で浮気調査(および他の行動調査)をする方法についてまとめたサイトです。

レンタルGPSサービスの使い方

申し込み
  • 電話やネットで申込み。
  • 支払いはカード、銀行振り込み、コンビニなど
受け取り
  • 自宅への宅配か、別場所での受取(郵便局・営業所・コンビニ等)を指定できることが多い
  • 荷物名を指定できる(化粧品、パソコン部品など)業者もある
装着
  • 装着方法は機種による。
  • 小型のマグネットタイプで、車内・車外にワンタッチでつけられるものが簡単
  • 車のみならず鞄に仕込んでもわかりにくいタイプもある
調査
  • スマホ画面の地図上で位置と動きが確認できる
返却
  • ポスト返却、コンビニ返却等

 

チェックポイント

GPSのサイズ
  • 最新のものは数センチ四方の薄型
  • 小さいほど見つけられにくい
  • 旧式の箱型のものは目立つので避ける
装着方法
  • 素人でも簡単につけられるものを選ぶ
  • マグネットでワンタッチ。車内にも車外にもつけられるタイプもある
  • 装着に人が来て料金が発生するようなサービスは時代遅れでNG
精度
  • 最新の機械は1〜10m以内。はっきりどの場所にいたか特定できる
  • 旧式のものは50mなど。おおまかにはわかるが、少しあいまい
  • さらに旧式の300mとかだと、ホテル街にいるのか周辺の町にいるのかも判別不能
バッテリー持続時間
  • 持続時間が短いと頻繁に充電・付け替えが必要。そういう作業は発覚のもと。
  • 30日持続など寿命の長い物を。
  • ただし、頻繁に検索すると持続時間は短くなることも考慮に入れる
耐水性
  • 車外につけるタイプについては雨や洗車で壊れないことを確認

 

料金事例

サービス事業者

1か月レンタル料金

最安レンタル料金

イチロク(お手軽機種) 16,000円(キャンペーン価格) 15日間 12,000円(キャンペーン価格)
イチロク(高性能機種) 33,800円(キャンペーン価格) 3日間 14,800円(キャンペーン価格)
GPSネクスト(代表機種価格 他に4タイプ) 39,800円 7日間 21,800円
ICHIDOCO 17,400円 5日間 7,400円
GPSアクシス 17,400円 5日間 7,000円
ネクストウィング 車両特化機種 39,800円 5日間 19,800円
ネクストウィング 鞄追跡可能小型機種 16,900円 3日間 6,900円
大手探偵社H社 49,800円 2日間 19,800円
個人探偵事務所 L社 不明 7日間 21,000円
個人探偵事務所 M社 50,000円 5日間 25,000円

 

頼むなら探偵社ではなく、GPSレンタル業者。

 

価格も低く、機種の入れ替えも頻繁で、新しい機種が使える。

 

この調査手法のメリットとデメリット

メリットは何といっても安上がりなことでしょう。

 

1か月レンタルして1.6〜4万円程度で、行動がつかめます。

 

探偵社に行動調査を頼むと1日8〜12万円くらいかかるので、その点は圧倒的にお得です。

 

デメリットは、車の行き先がわかっても何の証拠もつかめないことです。

 

例えば、車がラブホテル街で数時間滞在していたことがわかれば、浮気をしていたと推測できます。

 

しかし、相手は誰だかわからない。

 

証拠となる写真もない。

 

自分で現場を見に行くのは発覚のリスクが高く、とても危険なことです。

 

よく知っている人は、変装していても遠目でわかる。

 

一度でも「調べられてるのかも?」と思うと相手は慎重に隠れて行動するようになり、本気で証拠を押さえたい時に大変難しいことになります。

 

浮気の可能性は濃厚ではなく、とりあえず行く必然性のない場所に行ってないかだけをしりたい。

 

そういう予備調査の位置づけなら、やる意味はあります。

 

しかし、すでに浮気の可能性が高いなら、いまさらこんな調査をするのはムダだと思います。

 

浮気の証拠とは?

例えば、離婚裁判で証拠能力を持つのは写真です。

 

ラブホテルから出てきたところ、路上でキスしているところなど。

 

両者の顔が鮮明に映っていて人違いがありえず、かつ相手の身元が分かっていることが条件になります。

 

裁判での証拠能力は脇に置いて、相手に認めさせて謝罪させるだけでもGPS調査は役に立つでしょうか?

 

たまたまホテル街に近い駐車場を利用したとか、その付近のレストランで食事をしたとか、言い訳はいくらでもできます。

 

仮に情事があったことまでは認めても、相手の身許がわからなければ、「1回しか会ってない風俗の人。出来心で遊んだ。もうしないから許して。」という言い訳もできる。

 

少々風俗で遊んでも、法律上の「不貞行為」には当たらず、離婚事由としても認められません。

 

その後は慎重に隠れて浮気を継続するわけです。

 

結局、中途半端な浮気調査をしても、浮気をやめさせることも、離婚することもできない公算が大きい。

 

そして「実はGPSをこっそりつけて行き先を監視していた」などと告白したら、そこに論点が移り、あなたが悪者になります。

 

「それを調べてどうするの?」という後のことまで考えましょう!

 

浮気の可能性が高いなら、結局は探偵にちゃんとした行動調査を頼んだ方が正解なのです。

 

原一探偵の浮気調査 24時間・無料相談はコチラ